マンション高圧化LLPは、マンションの住居者さま及び企業のみなさまのお役に立ちたいという思いで設立された組合です。お気軽にご相談下さい。

マンション高圧化(マンション高圧一括受電)
マンション高圧化(マンション高圧一括受電)LLPLLP代表ご挨拶会社概要お問合せフォーム
マンション高圧化(マンション高圧一括受電) 電力供給オーナー 出資者募集 / LLPニュース
マンション高圧化HOME > マンションにお住まいの皆様

当LLPの特徴



マンション高圧化有限責任事業組合が行うシステムは、基本料金を0円にする、
言わば使った分だけの料金となります。
システムの内容は、マンションに高圧電力で供給する際、閾値料金法を取り入れる
ために、改めて基本料金を設ける必要がありません。
*ビジネス特許





現在の家庭用電力(従量電灯)の電気料金に比べて、高圧電力で契約をした場合
の高圧料金は、安くなっています。そのため、電気料金が削減されます。
家庭用(従量電灯) > 高圧料金 (安い)





オール電化以外のマンションの場合、皆さまがお住まいのマンションのほとんどが
ガス調理器具使用の設計になっているため、I.Hヒーターを使用することが
できません。理由として、電気を流す電気配線のケーブルが小さく、I.Hヒーターを
使用できる設計になっていません。そこで、当組合は調査・設計を見直し、I.Hヒーター
の使用も可能にいたします。





今まで、燃料費や環境を考え、電気自動車を購入したいと思っていても、マンションでは
充電できないし、毎回他のところへ充電に行くのは大変だから・・・とあきらめている方
も多いと思います。
たしかに、現在のマンションのほとんどが、電気自動車専用の電気配線設備の設計が
されていません。そのため、今のままでは、電気自動車を購入されても充電することが
できません。しかし、高圧システムを導入することで、電気自動車専用の充電用コンセント
を各駐車場に設置でき、マンションでも充電が可能となります。





マンション高圧化を実施する場合、高圧受変電設備の費用として、
トランス・電柱・メーターなどの機材と、それに伴う工事が必要です。
高圧化に伴う設備工事・調査・設計・手続き申請等は、当マンション高圧化LLP
が負担いたします。
※機材につきましては、マンション管理組合様で負担していただくプランと、
 当組合が負担するプランがあります。(一切費用はかかりません。)






高圧電力で、契約することにより、できる備えがあります。
その一つに、蓄電装置があります。高圧電力には、メニューの一つとして安い、
深夜料金があります。この電力を活用して、蓄電池に蓄電する。蓄電された電力は
もしもの災害が起きた時の電力供給に使うことができます。
また、当組合は、マンション高圧化だけでなく、太陽光発電・風力発電などの
再生可能エネルギーも取り組んでおります。

<メリット>
・時間を決めて電気を供給することができる。
・マンションに貯水槽があるので、数日分の飲み水を備えることができる。
・共用部だけ、キッチンだけ、冷蔵庫だけ・・・と、場所を決めて電気を使用することができる。
・携帯の充電ができる・・・etc


電力自由化について

電力の自由化は、2000年からスタートし、いよいよ4月1日より家庭用電力(低圧電力)を含む、
   全ての電力が自由化となりました。

   具体的には、発電事業者 ・ 送電事業者 ・ 小売事業者 の別会社に分割する等です。

   自由化以前は、一般電気事業者(10電力会社)が、この発電から供給まですべてを行って
   いました。
   しかし自由化後は、発電は発電事業者、送電は送電事業者、小売は小売事業者が行います。
   小売事業者と契約しても、電気を送る送電事業は各地域の電力会社が行うため、
   今までと変わらない電力をお使いいただけます。

電力自由化説明



「電力自由化の仕組み」  資源エネルギー庁HPより

電力自由化ムービー


マンション高圧化とは?

従来の低圧電力供給システムは、電力会社の責任分岐点として各戸の積算電力計までとなっています。
その為、各戸の電力使用者は電気配線や電気器具、またコンセントなどのトラブルについては、それぞれ自分の判断に基づいて、電気工事会社等に工事を依頼して安全を保つ必要があり、安全管理の面では野放しの部分があり全体的な安全管理が十分に達せられていないという問題があります。

しかし、マンション高圧化システムの導入によって各戸の住居者は、自家用電気工作物(※1)の電気関係法令の義務によって守られ、各個別の分電盤、配線、端末のコンセントまでの安全管理を行うため、各戸の住居者は安全対策をそれぞれ自分で判断するという極めて危険な状態を脱することができ、さらに安全性を向上させ、安心して電力の供給ができるとともに、第一の目的でもある料金のサービスも受けられるのです。

※1) 一般家庭の電力は、100Vです。しかし、自家用電気工作物は、6,600Vという危険な電気です。
   その為に、安全を保つ専任の技術者を置き、監視することが義務付けされています。



マンション高圧化(マンション高圧一括受電)

マンション高圧化(マンション高圧一括受電)
電力会社が高圧電力を低圧電力に変換し、
各戸住居者に配電して供給しています。
マンション・集合住宅で高圧化システムにした場合、
電力料金は高圧電力契約とする為、
割安な料金となります。


当LLPの取り組み



家庭用電力(従量料金)よりも安い、高圧料金で
契約を結び、高圧料金にて提供。







太陽光発電
マンションの屋上を利用して、太陽光発電の取組み
を行っております。
風力発電
縦軸式で、低周波、風切り音、騒音がなく、強風でも
カットアウトがないため、効率的な発電が可能。
また、ブレード回転時に透けることがないため
バードストライク(鳥の巻き込み)がありません。
シンプルで、設置場所も少なく、突風、台風、落雷に
強い、風力発電です。





地球温暖化防止のためにも、CO2を排出しない
電気自動車は、今後ますます増えていくと思います。
しかし、今の電気設備では、各マンションの駐車場
で、電気自動車を充電することはできません。
そこで、マンション高圧化LLPは、マンションの
高圧化を推進するとともに、電気自動車の普及にも
取り組んでおります。


導入の流れ

マンション高圧受電化の流れ

マンション高圧化の流れ


マンション高圧化の流れ


マンション高圧化の流れ   マンション高圧化の流れ





マンション高圧化の流れ
(「マンション高圧化とは」参照)

マンション高圧化の流れ
(今までは、家庭内の電気トラブルに関しては、各住居者の皆様がどこかの電気屋さんを探して修理等をお願いされていたと思いますが、導入後はどんな電気トラブルも、マンション高圧化LLPにご連絡いただけます。)


RKB今日感ニュースで取り上げられました

2013年4月29日(月)、【電気代節約ビジネスに注目】という内容で放送されました。




日本経済新聞に掲載されました

2013年3月28日(木)




太陽光発電、風力発電、電気自動車充電スタンド事業を開始

本組合は、新たに太陽光発電、風力発電、電気自動車充電スタンド事業を開始いたしました。
佐賀県のマンションに、太陽光発電、風力発電を設置し、風力発電は日本で初となる
縦軸式風力発電装置を設置、発電した電力は一旦、蓄電する。蓄電した電力は、電気自動車の 充電に使用、または災害時や停電時に使用するなど、日本初の既存エコマンションが誕生いたしました。


〜 当組合が行う風力発電 〜
縦軸式なので、低周波・風切り音・騒音の発生がなく、強風でもカットアウトがないため、
効率的な発電が可能。
また、ブレード回転時に透けることがないためバードストライク(鳥の巻き込み)がありません。
特に、突風、台風、落雷に強い、縦軸式風力発電と言えます。
見た目も良くシンプルで、設置する場所も小さく、取り付け方法も簡単で、優れた風力と言えます。


太陽光発電

縦軸式風力発電


〜 風力発電(動画) 〜



マンション高圧化(マンション高圧一括受電) マンション高圧化(マンション高圧一括受電)
マンション高圧化(マンション高圧一括受電) HOME | ご挨拶 | 会社概要 | マンション高圧化LLPの特徴 | 電力自由化について | マンション高圧化とは?
マンション高圧化LLPの取組み | マンション高圧化 導入の流れ | LLPニュース | よくある質問 | お問合せのご案内 | プライバシーポリシー | お問合せフォーム

マンション高圧化(マンション高圧一括受電)